EN JA
LAST(1)
LAST(1) FreeBSD General Commands Manual LAST(1)

名前

last -ユーザまたは端末による最後のログインを示す

書式

last [ - number] [ -f filename] [ -t tty] [ -h hostname] [ -i address] [ -l] [ -y] [ name...]

説明

lastwtmp ファイルの末尾を見る。このファイルには、全てのログイン・ログアウトにおけるユーザや端末(あるいは、ユーザや端末のグループ)の情報が記録されている。引数は、ユーザ名または関係のある端末を指定する。複数の引数が与えられる場合、引数のうちのどれにでも当てはまる情報が出力される。例えば、`` last rootconsole'' は、root による全てのセッションと、端末で行われた全てのセッションを表示する。 last は、指定されたユーザと端末のセッションに対し、セッションの始まった時間・セッションの機関・セッションが行われた端末を(新しい順に)表示する。セッションがまだ継続しているか、リブートによって切られた場合、 last はそのように示す。

システムがリブートすると擬似ユーザ reboot のログインが記録される。

引数のない last は、降順にすべてのログインおよびログアウトのレコードを表示する。

last が中断される場合、検索が wtmp の中でどれくらい進んでいたかを示す。quit シグナルで中断されると、 last は検索が終わったところまでの結果を示し、そして検索を続行する。

オプション

- number
表示するエントリの数を
- number
で指定した数に制限する。
-f filename
アカウントファイル名として /var/log/wtmp の代わりに filename を使用する。
-h hostname
hostname からのログインだけをリストする。
-i IP address"
IP address からのログインだけをリストする。
-l
リモートホストの表示を、ホスト名(末尾切り落とし)ではなく IP アドレスで行う。
-t tty
tty 上のログインだけをリストする。
-y
日付も報告する。

ファイル

/var/log/wtmp — login data base
20 March 1992