ツーンこのほとり
ツーン湖のほとり

冒頭文

もう十年も前のことであるが、倫敦(ロンドン)に留学中私はユニバシティカレッヂのポーター老先生の所へ繁げ〳〵出入りしてゐるうちに、一緒に瑞西(スイス)へ行かうとさそはれたことがあつた。そして二週間許(ばか)り、ポーター先生や引退した英国の老法律家夫妻と、ツーン湖畔のオーベルホッフェンといふ小村で暮したことがあつた。 ツーン湖のほとり、瑞西の夏は美しかつた。ホテルは小高い丘陵の上にあつて、ツ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆67 宿
  • 作品社
  • 1988(昭和63)年5月25日