まれびとのれきし
まれびとの歴史

冒頭文

こゝに一例をとつて、われ〳〵の国の、村の生活・家の生活のつきとめられる限りの古い形の幾分の俤を描くと共に、日本文学発生の姿をとり出して見たいと思ふ。私は、まれびとと言ふ語及び、その風習の展開をのべて見る。 普通われ〳〵の古代・王朝など言うて居る時代のまれびとなる語が、今日の「お客」或は敬意を含んで、「賓客」など言ふ語に飜(うつ)して、果してかつきりとあてはまるであらうか。雑作もない隣近所の村人の

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 折口信夫全集 4
  • 中央公論社
  • 1995(平成7)年5月10日