EN JA
RQUOTAD(8)
RQUOTAD(8) FreeBSD System Manager's Manual RQUOTAD(8)

名前

rquotad, rpc.rquotad -リモート quota サーバ

書式

rpc.rquotad [ -sSFI ] [ -p port ]

説明

rquotad は、 NFS によりリモートマシンにマウントされている、ローカルファイルシステムのユーザ quota 値を返す rpc(3N) サーバである。 (コンパイル時に設定されていて、かつコマンドラインオプション -S で許可されている場合) NFS マウントされたファイルシステムの quota を設定することもできる。その返り値は、 quota(1) がリモートファイルシステムのユーザ quota を表示するのに使ったり、 edquota(8) がリモートファイルシステムに quota を設定するのに使ったりする。 rquotad デーモンは tcp-wrapper ライブラリを ( rquotad というサービス名で) 使う。このライブラリにより、ユーザはデーモンの使用を許可・禁止するホストを指定できる (より詳細な情報は man ページ hosts.allow(5) を参照すること)。 rquotad デーモンは、通常はシステムの起動スクリプトによってブート時に起動される。

オプション

-V, --version
quota ツールのバージョンを表示する。
-s, --no-sequota
quota の設定を禁止する (これがデフォルトである)。このオプションは、ユーティリティが rpcsetquota オプションを付けてコンパイルされている場合にのみ使用可能である。
-S, --setquota
quota の設定を許可する。このオプションは、ユーティリティが rpcsetquota オプションを付けてコンパイルされている場合にのみ使用可能である。
-F, --foreground
デーモンをフォアグラウンドで実行する (デバッグ目的の場合に役立つかも知れない)。
-I, --autofs
autofs のマウントポイントを無視する。
-p port, --port port
別なポート port で接続を待つ。
 

ファイル

aquota.user または aquota.group
ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 2 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。
quota.user または quota.group
ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 1 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。
/etc/mtab
デフォルトのファイルシステム。

関連項目

quota(1), rpc(3N), nfs(5), services(5), inetd(8)