EN JA
RPCINFO(8)
RPCINFO(8) FreeBSD System Manager's Manual RPCINFO(8)

名前

rpcinfoRPC 情報を表示する

書式

rpcinfo -p [ host] rpcinfo [ -n portnum] -u host program [ version] rpcinfo [ -n portnum] -t host program [ version] rpcinfo -b program version rpcinfo -d program version

説明

rpcinfo は、 RPC サーバに対して RPC 呼び出しを行い、得られた情報を表示する。

オプション

-p
host の portmapper を検出し、そこに登録されている全ての RPC プログラムの一覧を表示する。 host が指定されていない場合、 hostname(1) で返される値がデフォルトになる。
-u
UDP を用いて、指定した host 上の program の手続き 0 に対し、 RPC 呼び出しを行う。そして、応答があったか否かを報告する。
-t
TCP を用いて、指定した host 上の program の手続き 0 に対し、 RPC 呼び出しを行う。そして、応答があったか否かを報告する。
-n
-t-u オプションのポート番号として、 portmapper に与えられたポート番号ではなく、 portnum を使う。
-b
UDP を用いて、引き数 programversion で指定されたプログラムの手続き 0 に対して、 RPC ブロードキャストを行う。そして、応答があった全てのホストについて報告する。
-d
programversion で指定された RPC サービスについて登録を削除する。このオプションは、スーパーユーザーだけが実行できる。

引き数 program は、名前・番号のいずれでも構わない。

version が指定された場合、 rpcinfo は指定された program のそのバージョンの呼び出しを試みる。 version が指定されていない場合、 rpcinfo は、指定された program に対してバージョン 0 の呼び出しを行うことにより、登録されている全てのバージョン番号を検索しようと試みる (この場合、バージョン 0 が存在しないことを仮定している。もし存在すれば、 rpcinfo は、代わりに極端に高いバージョン番号に対して呼び出しを行うことで、この情報を取得しようとする)。さらに、 rpcinfo は、登録されている各バージョンについて呼び出しを行おうとする。注意: -b-d オプションでは、バージョン番号が必要である。

ローカルマシンに登録されている、全ての RPC サービスについて表示するには、次のようにすること:

example% rpcinfo -p

klaxon という名前のホストに登録されている、全ての RPC サービスについて表示するには、次のようにすること:

example% rpcinfo -p klaxon

Yellow Page サービス (訳註: NIS) が稼働している、ローカルネット上の全てのマシンについて表示するには、次のようにすること:

example% rpcinfo -b ypserv 'version' | uniq

´version' のところには、上記の -p オプションの結果から得られた、現在の Yellow Page サービスのバージョンを使う。

バージョン 1 の walld サービスを削除するには、次のようにすること:

example% rpcinfo -d walld 1

関連項目

rpc(5), portmap(8) RPC Programming Guide.

バグ

SunOS 3.0 以前のリリースでは、ネットワークファイルシステム (NFS) は自分自身を portmapper に登録しない。そのため、このようなリリースの OS が稼働しているホストの NFS サーバについては、 RPC 呼び出しをするために rpcinfo を使うことはできない。

翻訳者謝辞

この man ページの翻訳にあたり、 FreeBSD jpman project <http://www.jp.freebsd.org/man-jp/>による翻訳を参考にさせていただいた。
December 17, 1987 Linux NetKit (0.17)