EN JA
ROUTE(8)
ROUTE(8) Linux Programmer's Manual ROUTE(8)

名前

route - IP 経路テーブルの表示/設定

書式

route [ -CFvnee]
route
[ -v] [ -A family] add [ -net| -host] target [ netmask Nm] [ gw Gw] [ metric N] [ mss M] [ window W] [ irtt I] [ reject] [ mod] [ dyn] [ reinstate] [[ dev] If]
route
[ -v] [ -A family] del [ -net| -host] target [ gw Gw] [ netmask Nm] [ metric N] [[ dev] If]
route
[ -V] [ --version] [ -h] [ --help]

説明

route はカーネルの IP 経路テーブルを操作する。その主な目的は、特定のホストやネットワークへの静的な経路を設定することである。経路に用いるインターフェースは、このコマンドの前に ifconfig(8) で設定しておく必要がある。
 
add または del オプションを使うと、 route は経路テーブルを変更できる。これらのオプションを指定しない場合、 route は現在の経路テーブルの内容を表示する。
 

オプション

-A family
指定したアドレスファミリーを使う (例えば `inet' を指定する。全リストを表示するには `route --help' を使うこと)。
 
-F
カーネルの FIB (Forwarding Information Base) 経路テーブルを操作する。これはデフォルトである。
-C
カーネルの経路テーブルを操作する。
 
-v
操作の際に詳細表示するモードを選択する。
-n
ホスト名を解決せず、アドレスを数値で表示する。これはネームサーバが見つからない場合など、ホスト名の解決ができない場合に有用である。
-e
経路テーブルの表示に netstat(8) のフォーマットを使用する。 -ee は経路情報のすべてのパラメータを 1 行で表示する。
 
del
経路を削除する。
add
新しい経路を追加する。
target
対象とするネットワークまたはホストを指定する。 10 進ドット表記の IP アドレスか、ホスト名もしくはネットワーク名を指定可能である。
-net
target をネットワークとする。
-host
target をホストとする。
netmask NM
ネットワーク経路を追加する場合、そこで使用されるネットマスク。
gw GW
ゲートウェイを経由した経路パケット。 注意: 記述されたゲートウェイは、まず到達可能でなければならない。これは通常、前もってゲートウェイに静的経路を設定しなくてはならないということである。もし、ローカルのインタフェースのアドレスを指定した場合は、それはパケットが通過すべきインタフェースの決定に使用される。これは BSD の手法にのっとったやり方である。
metric M
経路テーブルのメトリック (経路制御デーモンが使用する) を M に設定する。
mss M
指定の経路での接続の TCP 最大セグメントサイズ (MSS) を M バイトに設定する。デフォルトはデバイスの MTU (Maximum Transmission Unit, 最大送信単位) からヘッダーを引いたサイズである。また、ネットワークパスの MTU が見つかった場合、小さい方の MTU がデフォルトになる。この設定は、ネットワークパスの MTU を見付けることができなかった場合 (これは ICMP Fragmentation Needed をブロックしてしまう、間違って設定されたファイヤーウォールなどのために起こる)、相手側 TCP パケットを強制的に小さくするために使われる。
window W
指定の経路での接続の TCP ウィンドウサイズを W バイトに設定する。これは一般に AX.25 ネットワークや、連続的に送られるフレームを取りこぼしてしまうようなドライバーでのみ使用される。
irtt I
指定の経路での TCP 接続の初期ラウンドトリップ時間 (irtt) を I (1-12000) ミリ秒の範囲で設定する。これは一般的に AX.25 ネットワークでのみ使用される。省略した場合、RFC 1122 でデフォルトとされている 300 ミリ秒が使用される。
reject
ブロックする経路を設定する。これは経路参照の失敗を強制し、例えば、デフォルトの経路を使用せずに、ネットワークを使わないようにしてしまう場合などに用いる。これは、ファイアーウォールの設定では"ない"。
mod, dyn, reinstate
動的な経路や変更経路を設定する。これらのフラグは診断の用途に使われ、一般的には経路制御デーモンによってのみ設定される。
dev If
記述されたデバイスに、経路を関連づけることを強制する。通常カーネルは自分自身でデバイスを決定しようとする (すでにある経路とデバイスの記述、経路がどこに追加されているかによる)。一般的なネットワークでは、これを指定する必要はない。
 
もし dev If がコマンド・ラインの最後のオプションの場合には、 dev という語は省略しても良い。他の場合では、経路修飾子の順番 (metric -netmask - gw - dev) は重要ではない。
 

route add -net 127.0.0.0
ネットマスク 255.0.0.0 で (クラス A のネットワークが、対象アドレスから決定される)、通常のループバックを追加する。それは、 lo デバイスに関連づけれられる (このデバイスは ifconfig(8) に前もって設定されていると仮定している)。
 
route add -net 192.56.76.0 netmask 255.255.255.0 dev eth0
eth0 経由のネットワーク 192.56.76.x を追加する。ここでの 192.* はクラス C の IP アドレスなので、クラス C のこのネットマスク修飾子は必須ではない。この場合 dev という語は省略可能である。
 
route add default gw mango-gw
デフォルト経路 (適切な経路が他にない場合に使用されるもの) を追加する。この経路を使用するすべてのパケットは、 "mango-gw"を経由する。デバイスは "mango-gw"に到達する上で実際に使用する経路に依存する。 - "mango-gw"に対する静的経路があらかじめ設定されている必要がある。
 
route add ipx4 sl0
"ipx4"に対する経路を SLIP インタフェース経由 ("ixp4"は SLIP ホストであると仮定する) で追加する。
 
route add -net 192.57.66.0 netmask 255.255.255.0 gw ipx4
前述の SLIP インタフェース経路をゲートウェイとして、ネットワーク "192.57.66.x"を追加する。
 
route add -net 224.0.0.0 netmask 240.0.0.0 dev eth0
この設定はわかりにくいので、あえて記述した。これは全てのクラス D (マルチキャスト) IP の経路が "eth0"を通って行くように設定する。これはマルチキャスト・カーネルの正しい設定である。
 
route add -net 10.0.0.0 netmask 255.0.0.0 reject
プライベートネットワーク "10.x.x.x"への経路を拒否 (reject) するように設定する。
 

出力

カーネル経路テーブルの出力は、以下の項目で構成される。
Destination
対象ネットワークもしくはホスト。
Gateway
ゲートウェイのアドレスか、設定されていないなら '*' である。
Genmask
Genmask は対象ネットワークのネットマスクである。 '255.255.255.255' は、ホストが対象である場合のマスクで、 '0.0.0.0' は、 デフォルト 経路のネットマスクである。
Flags
指定可能なフラグとしては、以下のものがある。
 
U (経路は 有効 になっている)
 
H (ターゲットは ホスト である)
 
G ( ゲートウェイ を使用する)
 
R ( 回復 される動的経路)
 
D (デーモンもしくは置き換えによる 動的な 設定である)
 
M (経路制御デーモンもしくは置き換えによる 変更 である)
 
A ( addrconf により設定されている)
 
C ( キャッシュ のエントリーである)
 
! ( 拒否 (reject) する経路である)
Metric
ターゲットの距離 (通常はホップ数) である。最近のカーネルでは無視されるが、経路制御デーモンが必要とする可能性がある。
Ref
指定のルートの参照数 (Linux カーネルでは使用しない)。
Use
経路の参照回数である。 -F と -C オプションの使用に依存する。これは経路キャッシュが失敗 (-F) とヒット (-C) した回数である。
Iface
この経路で使用するインタフェースである。
MSS
この経路での TCP 接続のデフォルト最大セグメントである。
Window
この経路での TCP 接続のデフォルトのウィンドウ・サイズである。
irtt
初期 RTT (ラウンドトリップ時間) である。カーネルは、(遅いと思われる) 返信の待ち時間を含まない最良の TCP プロトコルパラメーターを推測するために、この値を使う。
HH (キャッシュのみ)
キャッシュされた経路のうちハードウェア・ヘッダー・キャッシュを参照するものと ARP エントリの数である。キャッシュされた経路のインタフェースがハードウェア・アドレスを必要としない場合 (例えば lo) では、この値は-1 になる。
Arp (キャッシュのみ)
キャッシュされた経路に対するハードウェアアドレスの更新状況である。

ファイル

/proc/net/ipv6_route
 
/proc/net/route
 
/proc/net/rt_cache

関連項目

ifconfig(8), netstat(8), arp(8), rarp(8)

履歴

Linux 用の route コマンドは、最初に Fred N. van Kempen, <waltje@uwalt.nl.mugnet.org>によって書かれ、 Johannes Stille と Linus Torvalds により pl15 に更新された。 Alan Cox は mss と window オプションを Linux 1.1.22 で追加した。 irtt のサポートと netstat への併合は Bernd Eckenfels によるものである。

著者

現在は Phil Blundell <Philip.Blundell@pobox.com>がメンテナンスしている。
2 January 2000 net-tools