EN JA
PWAUTH(8)
PWAUTH(8) FreeBSD System Manager's Manual PWAUTH(8)

名前

pwauth -管理者が設定するパスワード認証

説明

システム管理者は、ユーザの個人認証に用いられるプログラムのリストを定義できる。それらのプログラムは /etc/passwd もしくは /etc/shadow ファイル中にある、暗号化されたパスワードの代わりに指定する。ユーザアカウントを管理するユーティリティは、暗号化パスワードのフィールドを調べ、そのユーザに対してシステム管理者が認証プログラムを設定しているかどうか判断する。これらの管理プログラムのいずれかが、変更しようとしているユーザに認証プログラムが設定されていると判断した場合は、常に pw_auth 関数が呼び出される。

最初のエントリは useradd コマンドにより生成される。認証情報の変更やユーザアカウントの削除といった変更が発生すると、 pw_auth 関数が呼び出される。この関数は各ユーザアカウントの認証情報を最新に保つ。

認証プログラムは実際のログインセッションやネットワークセッションを開始しない。認証プログラムからの終了コードが、その処理が許可されたかどうかの判断に用いられる。呼び出したプロセスには、ログインセッション・ネットワークセッションを生成できるだけの、適切な特権がなければならない。

関連項目

login(1), passwd(1), su(1), pw_auth(3), useradd(8), userdel(8), usermod(8)

著者

Julianne Frances Haugh (jockgrrl@ix.netcom.com)