EN JA
LOGSAVE(8)
LOGSAVE(8) FreeBSD System Manager's Manual LOGSAVE(8)

名前

logsave -コマンドの出力をログファイルに保存する

書式

logsave [ -asv ] logfile cmd_prog [ ... ]

説明

logsave プログラムは、指定された引き数をつけて cmd_prog を実行し、出力のコピーを logfile に保存する。 logfile を置くディレクトリが存在しない場合、書き出せるようになるまで logsave は出力をメモリ内に蓄えておく。出力のコピーは標準出力にも書き出される。

cmd_prog が 1 個のハイフン ('-') の場合、 logsave は、プログラムを実行する代わりに標準入力から入力を取得し、 logfile に書き出す。

logsave は /var パーティションがマウントされるまで初期ブートスクリプトの出力を保存しておくのに役立つ。そして (/var パーティションがマウントされたときに)、出力を /var/log に書き出すことができる。

オプション

-a
このオプションを指定すると、出力で logfile の現在の内容を置き換えるのではなく、出力を追加する。
-s
このオプションを指定すると、 logsave は control-A (ASCII 001 または Start of Header) と control-B (ASCII 002 または Start of Text) で囲まれた文字列をログファイルに書かないで飛ばす。これにより、ユーザに対してはプログレスバーの情報をコンソールで見せて、ログファイルには書き込まないことが可能になる。
-v
このオプションを指定すると、 logsave のユーザへの出力をより詳細にできる。

著者

Theodore Ts'o (tytso@mit.edu)

関連項目

fsck(8)
December 2010 E2fsprogs version 1.41.14