EN JA
IP6TABLES-SAVE(8)
IP6TABLES-SAVE(8) IP6TABLES-SAVE(8)

名前

ip6tables-save - IPv6 テーブルを保存する

書式

ip6tables-save [-c] [-t table]
 

説明

ip6tables-save は IPv6 テーブルの内容を簡単に解析できる形式で標準出力にダンプするために使われる。ファイルに書き出すためには、シェルで提供されている I/O リダイレクションを使うこと。
-c, --counters
全てのパケットカウンタとバイトカウンタの現在の値を出力する。
-t, --table tablename
出力を 1 つのテーブルのみに制限する。指定されない場合、得られた全てのテーブルを出力する。

バグ

iptables-1.2.1 リリースでは知られていない。

作者

Harald Welte <laforge@gnumonks.org>
 
Andras Kis-Szabo <kisza@sch.bme.hu>

関連項目

ip6tables-restore(8), ip6tables(8)

より多くの iptables の使用法について詳細に説明している iptables-HOWTO。 NAT について詳細に説明している NAT-HOWTO。内部構造について詳細に説明している netfilter-hacking-HOWTO。

January 30, 2002