EN JA
DEBUGREISERFS(8)
DEBUGREISERFS(8) FreeBSD System Manager's Manual DEBUGREISERFS(8)

名前

debugreiserfs - ReiserFS ファイルシステムのデバッグツール

書式

debugreiserfs [ -dDJmoqpuSV ] [ -j device ] [ -B file ] [ -1 N ]
 
device

説明

debugreiserfs は ReiserFS ファイルシステムで生じた問題解決の役に立つ (かもしれない)。オプションを付けずに実行すると、 device 上に見つかった ReiserFS ファイルシステムのスーパーブロックを表示する。
device
デバイスに対応するスペシャルファイル。 (例えば、/dev/hdXX は IDE ディスクパーティションで、 /dev/sdXX は SCSI ディスクパーティションである)。

オプション

-j device
ジャーナルの内容を表示する。-p オプションにより、ジャーナルを他のメタデータと一緒にアーカイブに入れることができる。
-J
ジャーナルヘッダを表示する。
-d
ファイルシステムにおける内部ツリーのフォーマット済みノードを表示する。
-D
ファイルシステムにおける全ての使用中ブロックのフォーマット済みノードを表示する。
-m
ビットマップの内容を表示する (少しだけ役に立つ)。
-o
オブジェクト ID マップを表示する (少しだけ役に立つ)。
-B file
内部の ReiserFS ツリーに格納されている不正なブロックのリストを取得し、 ASCII 形式のリストに変換して、指定されたファイルに書き出す。
-1 blocknumber
ファイルシステムの中の指定されたブロックを表示する。
-p
debugreiserfs -p /dev/xxx | gzip -c > xxx.gz によってファイルシステムのメタデータを取り出す。ファイルシステムが破損しているブロック全体をアーカイブに入れようとする場合、破損がない限りは何のデータも入らない。この出力を我々に送ってもらえれば、同じ構造を持つファイルシステムを debugreiserfs -u によって作成できる。データファイルがあまり大きくなければ、これによって大抵の場合は障害を速やかに再現し、デバッグすることが可能となる。
-u
debugreiserfs -p によって以前にアーカイブに入れられたメタデータから、 gunzip -c xxx.gz | debugreiserfs -u /dev/image によって ReiserFS ファイルシステムのイメージを構築する。結果のイメージは元のファイルシステムとは同一ではない。ほとんどの場合は debugreiserfs -p によってメタデータしかアーカイブに入れられていないので、ファイルシステム構造が完全に再作成されるためである。
-S
-S オプションが指定されていない場合、-p オプションはファイルシステムビットマップのみで使われているマークされたブロックを扱う。このオプションを設定した場合、 debugreiserfs は全てのデバイスに対して適用される。
-q
-p オプションが指定されている時に、進捗度を表示させない。

著者

このバージョンの debugreiserfs は Vitaly Fertman <vitaly@namesys.com>によって書かれた。

バグ

バグは、できる限り多くの情報 (ハードウェア・カーネル・パッチ・設定・表示された全てのメッセージ) とともに、 ReiserFS の開発者 <reiserfs-dev@namesys.com>に報告してほしい。関連する情報があるかもしれないので syslog を調べてほしい。

関連項目

reiserfsck(8), mkreiserfs(8)
February 2004 Reiserfsprogs 3.6.19