EN JA
UUIDGEN(1)
UUIDGEN(1) FreeBSD General Commands Manual UUIDGEN(1)

名前

uuidgen - UUID 値を生成するコマンドラインユーティリティ

書式

uuidgen [ -r | -t ]

説明

uuidgen プログラムは libuuid(3) ライブラリを用いて、 UUID (universal unique identifier: 汎システム的に他とは重ならない識別子) を生成する。新しい UUID は、ローカルシステムで以前に生成された UUID はもちろん、他のシステムで過去・未来に作成された/作成される UUID のいずれとも重ならないと考えて良い。

uuidgen は二つのタイプの UUID を生成することができる。時刻ベースの UUID と乱数ベースの UUID である。デフォルトでは、質の良い乱数生成機構があれば uuidgen は乱数ベースの UUID を生成しようとする。そうでなければ時刻ベースの UUID を生成する。 -r または -t オプションを指定すれば、二つのタイプのいずれかを生成するかを強制できる。

オプション

-r
乱数ベースの UUID を生成する。この方法は、ほとんどがランダムなビットからなる UUID を生成する。これを用いるには、オペレーティングシステムが /dev/random のような質の良い乱数生成機構を備えていなければならない。
-t
時刻ベースの UUID を生成する。この手法では、システムクロックとシステムのイーサネットハードウェアアドレスが取得できればそれとに基づいて UUID を生成する。

返り値

1b4e28ba-2fa1-11d2-883f-b9a761bde3fb のような形式 ( printf(3) フォーマットで書けば "%08x-%04x-%04x-%04x-%012x") の UUID が標準出力に書き出される。

準拠

OSF DCE 1.1

著者

uuidgen は Andreas Dilger によって libuuid のために作成された。

入手方法

uuidgen は e2fsprogs パッケージ付属の libuuid の一部であり、 http://e2fsprogs.sourceforge.net から入手できる。

関連項目

libuuid(3)
May 2006 E2fsprogs version 1.39