はんしちとりものちょう 45 みっつのこえ
半七捕物帳 45 三つの声

冒頭文

一 芝、田町(たまち)の鋳掛屋(いかけや)庄五郎が川崎の厄除(やくよけ)大師へ参詣すると云って家を出たのは、元治元年三月二十一日の暁方(あけがた)であった。もちろん日帰りの予定であったから、かれは七ツ(午前四時)頃から飛び起きて身支度をして、春の朝のまだ明け切らないうちに出て行ったのである。 庄五郎の家は女房のお国と小僧の次八との三人暮らしで、主人が川崎まいりに出た以上、きょうは商

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 時代推理小説 半七捕物帳(四)
  • 光文社時代小説文庫、光文社
  • 1986(昭和61)年8月20日