いちのとり
一の酉

冒頭文

帯と湯道具を片手に、細紐だけの姿で大鏡に向ひ、櫛(くし)をつかつてゐると、おきよが、ちよつと、しげちやん、あとで話があるんだけど、と云つた、——あらたまつた調子も妙だが、それよりは、平常は当のおしげをはじめ雇人だけではなく、実の妹のおとしや兄の女房のおつねにまでも、笑ひ顔一つ見せずつんとしてすまし込んでゐるのに、さう云ひながら、いかにも親しさうな眼つきでのぞき込んだのが不思議であつた。 「な

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 現代文学大系 44 武田麟太郎・島木健作・織田作之助集
  • 筑摩書房
  • 1967(昭和42)年