たくぼくとデカルトめいだい
啄木とデカルト命題

冒頭文

最近、或る啄木展で、啄木がデカルト命題に魅せられている書簡を見て、私は青春の啄木を見る気がした。日付は明治三十九年の一月十八日、二十一歳の年の冬である。 そこには、次のようなことが書かれていた。「我考ふ、故に我在り」というデカルトの提言は意味が深い、人間のもつどんな確信だって、つまりは「我の存在」の自覚に伴われないものはないではないか、『聖書』も読み、『法華経』も読んで考えたけど、自分は

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻92 哲学
  • 作品社
  • 1998(平成10)年10月25日