わたくしのあゆんだみち
私の歩んだ道

冒頭文

一 子供時代の教育と精神 私は、明治六年に生まれた。そうして七日ののちに、父をうしなった。私は、父親を知らない人間である。 私は、駿河(するが)の国(静岡県)の海岸の袖師(そでし)で生まれた。興津(おきつ)の隣り村である。私は生まれてまもなく、母にいだかれて東京に移った。母の生家は、徳川時代から神田明神下(かんだみょうじんした)にあった。母の実父、すなわち私の祖父は、播州(ばん

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 天皇 誰が日本民族の主人であるか
  • 長崎出版
  • 1988(昭和63)年11月20日