こま
独楽

冒頭文

征旅 蛾は あのやうに狂ほしく とびこんでゆくではないか みづからを灼く 火(ほ)むらのただなかに わたしは みづからを灼く たたかひの 火むらのただなかへ とびこんでゆく あゝ 一匹の蛾だ 夢に白鶏をみる 暁のともしびほそく灯りて歳新し 城太郎 暁(あけ)のともしび ほそい庫裡に 神さびた白鶏が ククク、クと鳴いて 羽搏いた あとは 森閑と なり鎮まる

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 高祖保詩集
  • 現代詩文庫、思潮社
  • 1988(昭和63)年12月20日