おかのどうぞう
丘の銅像

冒頭文

丘(おか)のふもとの、うつくしい平和な村に、ハンスという、詩人(しじん)が住んでいました。 丘(おか)の上に立って、うつくしい村をながめては、歌にうたい、牧場(まきば)にいって、やさしいひつじのむれをながめては、詩(し)をかくのがつねでした。ハンスのつくった詩は、国じゅう、だれひとり知らないものはないほどでした。 あるとき王さまは、この村のそばを通りかかりましたが、ハンスがこの

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 新美南吉童話全集第一巻 ごんぎつね
  • 大日本図書
  • 1960(昭和35)年6月20日