だいのうはちゅうぼうである
大脳は厨房である

冒頭文

眼球は日光を厭ふ故に 瞼(まぶた)の鎧戸をひたとおろし 頭蓋の中へ引き退く。 大脳の小区画を填めるものは 困憊したさまざまの食品である。 青かびに被はれたパンの缺け、 切り口の饐えたソオセエジ…… オリーヴ油はまださらさらと透明らしいが 瓶一面の埃のために よくは見えない。 眼球は醜い料理女である。 厨房の中はうす暗い。 彼女は床のまん中で 少しばかりの獣脂を焚く。 背

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 富永太郎詩集
  • 現代詩文庫、思潮社
  • 1975(昭和50)年7月10日