いさんぶんぱいしょ
遺産分配書

冒頭文

わが女王へ。決して穢れなかつた私の魂よりも、更に清浄な私の両眼の真珠を。おんみの不思議な夜宴の觴に投げ入れられようために。 善意ある港の朝の微風へ。昨夜の酒に濡れた柔かい私の髪を。——蝋燭を消せば、海の旗、陸の旗。人間は悩まないやうに造られてある。 わが友M***へ。君がしばしば快く客となつてくれた私の Sabbat の洞穴の記念に、一本の蜥蜴の脚を、すなはち蠢めく私の小指を。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 富永太郎詩集
  • 現代詩文庫、思潮社
  • 1975(昭和50)年7月10日