よぼうさつじん
予謀殺人

冒頭文

犯罪編 よい酒を送ってくれといって、それに相当する金を送ってきた人に、わるい酒を送る商人は、面とむかって非難されてもしかたがないどころか、ことによると、法律上の罪人になるかもしれない。それは、道徳的にいって、不愉快な同室者をさけるため、一等切符をかって一人おさまっている乗客のそばに、そのいやがる同室者をおしつける鉄道会社と同罪なのである。が、もともと、ハーバート・スペンサーも指摘したよう

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 世界推理小説全集二十九巻 ソーンダイク博士
  • 東京創元社
  • 1957(昭和32)年1月10日