だんちょうていにちじょう 06 だんちょうていにっきまきのごたいしょうじゅうねんさいじかのととり
断腸亭日乗 06 断腸亭日記巻之五大正十年歳次辛酉

冒頭文

荷風年四十三 正月元日。 くもりて寒し。雪猶降り足らぬ空模様なり。腹具合よろしからず。炉辺に机を移して旧年の稿をつぐ。深更に至り雨降る。 正月二日。 雨歇まず門前年賀の客なく静間喜ふべし。夜風あり。 正月三日。 朝の中薄く晴れしが午後また雨となる。炉辺執筆前日の如し。浴後独酌。早く寝に就く。 正月四日。 晴れて暖なり。銀座を歩む。 正月五日。 去年十月中起稾せし雨瀟瀟、始め

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 荷風全集 第二十一巻
  • 岩波書店
  • 1993(平成5)年6月25日