こどうひゃくわ
胡堂百話

冒頭文

石川啄木 やはり、平次誕生から、はじめなければ、ならないかも知れない。 が、それは、あまりにも書きすぎた。いずれは触れることとして、ここではまず、古い友人たちから筆を起こそう。 県立盛岡中学……つい一月ほど前、「わが母校わが故郷」とかいうテレビの番組に登場したので、午後九時絶対就寝の私も、この日ばかりは大いに奮発して、夜の十一時まで、眼をあけていたが、昔は、あんな立派

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 胡堂百話
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1981(昭和56)年6月10日