わたしのとうきせいさくについて
私の陶器製作について

冒頭文

あるやんごとなき御方の御下問に奉答した私の言葉の要約を摘記する。 ——あなたのなさってる陶器研究というのは釉薬の研究がむずかしいのですか。 ——それも一つでございますが、一番私の重きを置いておりますのは作行(さくゆき)であります。 と申し上げたところ、作行とは……と、重ねて御下問があったので、 ——土の仕事、即ち土によって成り立つ成形上の美醜に係わる点に於て

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 魯山人陶説
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1992(平成4)年5月10日