せと・みのせとはっくつざっかん
瀬戸・美濃瀬戸発掘雑感

冒頭文

倉橋さんから先日彩壺会の講演の依頼を受けました。所が私は倉橋さんみたいにうまくお話が出来ません。そこで講演は幾度かお断わりしましたが、私がかつて発見いたしました美濃の発掘品を並べて、一先ず簡単にご報告をしようということを約束しました。 古来日本では志野の焼物が大変喜ばれておる。ところがそれがどこで出来たか全くわかっておらなかった。瀬戸で志野某が注文して焼かせたという伝説が一般に信じられて

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 魯山人陶説
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1992(平成4)年5月10日