しおじゃけ・しおますのちゃづけ
塩鮭・塩鱒の茶漬け

冒頭文

さけとますとは、素人目には一見似たものではあるが、味から言えば、さけよりますの方がはるかに優る。 さけは淡塩があり、またやわらかいものがある。東京では、これらの中から自由に選択することができる。この中でさけの一番美味いのは、新巻と称するものである。新巻などの場合は、焼いたものを茶漬けにして食べるべきである。番茶ではちょっと不味いが、煎茶をかけての塩じゃけの美味さはお茶漬け中の逸品で、雑念

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 魯山人味道
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1980(昭和55)年4月10日