わかさはるさばのなれずし
若狭春鯖のなれずし

冒頭文

さばずしはなんと言っても古来京都が本場である。それというのも、日本一の称をもってなる若狭(わかさ)小浜(おばま)の春秋のさばを主材としてつくられているからである。さばは若狭が第一、次に関西ものにかぎると言うのは、私の独断ばかりではない。由来通人の定評するところである。 全く伊勢湾から東方の海となると、美味いさばの漁獲は望み得ない。東京市場で手に入る近海さばは、一種嫌悪すべき妙な臭気をもっ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 魯山人味道
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1980(昭和55)年4月10日