じょにかえて
序に代えて

冒頭文

私たちが料理をとやかく言ったり、美味(うま)い不味(まず)いを口にしますと、ぜいたくを言っているように聞えて困るのですが、私が言うのはそうじゃないのです。 料理の考え方ひとつで、仕方ひとつで、物を生かして美味(おい)しくいただける工夫、すなわち経済で美味……それです。心なしの業で物を殺してしまっていることが往々にありますが、それをもったいないと言うのです。よいものをわるいものにして食べて

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 魯山人味道
  • 中公文庫、中央公論社
  • 1980(昭和55)年4月10日