つりじゅうにかげつ
釣十二ヶ月

冒頭文

一月 二日早起諏訪湖畔から小淵沢迄(こぶちざわまで)汽車、富士見駅から超大型のリユツク・サツクを背負つて、名取運転手乗り込む。去年正月伴(つ)れて行つた小使君は、御勘弁願ひますと逃げてしまつた。穴釣りの面白さは分つても、寒さには降参したらしい。名取のリユツク・サツクには、炭二貫目、石油缶を二つぎりにした火鉢二ツ、それに餅一臼は入つて居るだらう。 小淵沢でしばらく待つと東京からの

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 集成 日本の釣り文学 第四巻 釣りと旅と
  • 作品社
  • 1995(平成7)年12月10日