てがみ
手紙

冒頭文

午前三時の時計をきいた。 午前四時の時計をきいた。 まっくらな天井へ向けた二つの眼をしばしばさせていた。 やがて、東があかるんできた。シイツが白々しくなってきた。 にこりともせず、ふとんを出た。タバコに火をつけて、机に向かった。手紙を書いてみたかった。出す相手もなかった。でも書いた。それは、裏切った恋人へであった。出さないのにきまっているのに、ながながと書い

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 竹内浩三全作品集 日本が見えない 全1巻
  • 藤原書店
  • 2001(平成13)年11月30日