びじょ
美女

冒頭文

船欄に夜露べつとり逃ぐる旅 私はいつも逃げてばかりゐるやうです。それといふのも、私といふ男は、齢五十をとうに過ぎてゐながら、私と同じ生きものである人間、特に女の人に対する抵抗力が実に弱く、まるで生れたての赤ん坊がたやすく風邪をひくやうに、やられてしまふのです。 はじめ軽いくしやみが一二度出たかと思ふと、アッといふまに肺炎を併発して高熱にうなされるのです。困つたものです。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆69 男
  • 作品社
  • 1988(昭和63)年7月25日