ベートーヴェンのしょうがい 09 やくしゃかいせつ
ベートーヴェンの生涯 09 訳者解説

冒頭文

ロマン・ロランのベートーヴェン研究について ロマン・ロラン(Romain Rolland)にとってはその少年時代以来、ベートーヴェンは最大の魂の師であった。「生の虚無感を通過した危機に、私の内部に無限の生の火を点してくれたのはベートーヴェンの音楽であった」とロランは『幼き日の思い出』の中に書いている。二十三歳のときパリの母校高等師範学校(エコール・ノルマール)の留学生としてローマに行き、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ベートーヴェンの生涯
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1938(昭和13)年11月15日