だんちょうていにちじょう 04 だんちょうていにっきまきのさんたいしょうはちねんさいじつちのとひつじ
断腸亭日乗 04 断腸亭日記巻之三大正八年歳次己未

冒頭文

荷風年四十一 正月元旦。 曇りて寒き日なり。九時頃目覚めて床の内にて一碗のシヨコラを啜り、一片のクロワサン三日月形のパン を食し、昨夜読残の疑雨集をよむ。余帰朝後十余年、毎朝焼麺麭と咖琲とを朝飯の代りにせしが、去歳家を売り旅亭に在りし時、珈琲なきを以て、銀座の三浦屋より仏蘭西製のシヨコラムニヱーを取りよせ、蓐中にてこれを啜りしに、其味何となく仏蘭西に在りし時のことを思出さしめたり。仏蘭西人

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 荷風全集 第二十一巻
  • 岩波書店
  • 1993(平成5)年6月25日