ようさんのうた
養蚕の歌

冒頭文

(一)我が日の本の帝国の 国をば富ます第一は二寸の虫の 吐き出づる 白き生糸と知られける (二)遠くは昔神代より 伝へ〳〵て三千年 蚕の糸も集まれば 国の命をつなぐなり (三)生糸の光沢かゞやきて 光は及ぶよろづ国 重なる産地数ふれば 長野に愛知群馬県 (四)養蚕の業は古くより 御国を富ます業なるぞ 国を思はん者は皆 勉め励めよ養蚕を (大正十二・三・一一)

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 槇村浩全集
  • 平凡堂書店
  • 1984(昭和59)年1月20日