まつのかげ
松の影

冒頭文

何百年のその間 村の境に立ってゐる 一本松の松の影 今はだん〳〵枯れて来て 「かうまではかなく成ったか」と 空をあふいで一人言 「この私が生れたは 丁度今からかぞへたら 六百年の其の昔 あちらの村の庄屋さん こゝへ私を植えたので 何百年のその間 こゝにかうして居たのだが 始は小さい松の影 だん〳〵大きく成って来

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 槇村浩全集
  • 平凡堂書店
  • 1984(昭和59)年1月20日