せそうのいちめん
世相の一面

冒頭文

(一)「熊さん今日はどうしたか、朝から病気でお休か」 「いや〳〵会社もこまるでネ、賃銀ね上げの怠業さ」 (二)「熊さん今日はどうしたか、又怠業ヂャあるまいネ」 「イエ〳〵どうしてもう今日は、会社に者がありすぎて、 (三) とう〳〵こんなになりました、どこかによい口があったならどうか世話しておくんなさい」 熊さん頭をかいて居た。 (一一・六・一四)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 槇村浩全集
  • 平凡堂書店
  • 1984(昭和59)年1月20日