あいのししゅう 03 あいのししゅう
愛の詩集 03 愛の詩集

冒頭文

みまかりたまひし父上におくる いまは天にいまさむ うつくしき微笑いま われに映りて、我が眉みそらに昂る……。 私の室に一冊のよごれたバイブルがある。椅子につかふ厚織更紗で表紙をつけて背に羊の皮をはつて NEW TESTAMENT. とかいて私はそれを永い間持つてゐる。十余年間も有つてゐる。それは私の室の美しい夥しい本の中でも一番古くよごれてゐる。私は暗黒時代にはこのバイブル一冊しか机

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 抒情小曲集・愛の詩集
  • 講談社文芸文庫、講談社
  • 1995(平成7)年11月10日