あこうみさきえいそうしゅう
赤穂御崎詠草集

冒頭文

——カムバスを立つ—— 岳の上はひたに靜もり妹は合歡の木の下にカムバスを立つ 妹は默して立てりひたすらに海を描かむ心一つに 帆の形面白しなど語らひつ雜草の丘にデツサンをする ——貨物船—— やゝ沖に貨物船はとまりたりデツキを動く人の氣配す 貨物船の投錨の音たかだかと朝の海にひろごりわたる 蟲にたかる蟻の如くに船をめぐり塩運ぶ船集りてきぬ 凪なれど海に寫らず貨物船の朱の船

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 日光浴室 櫻間中庸遺稿集
  • ボン書店
  • 1936(昭和11)年7月28日