おうまがかえる
お馬がかへる

冒頭文

お馬がかへる 鑛山(やま)からかへる さくらの花を 鞍につけて お馬がかへる だまつてかへる 峠を越せば 影がながい

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 日光浴室 櫻間中庸遺稿集
  • ボン書店
  • 1936(昭和11)年7月28日