こうしじつでん ―むろうさいせいに―
孝子実伝 ―室生犀星に―

冒頭文

ちちのみの父を負ふもの、 ひとのみの肉と骨とを負ふもの、 ああ、なんぢの精氣をもて、 この師走中旬(なかば)を超え、 ゆくゆく靈魚を獲んとはするか、 みよ水底にひそめるものら、 その瞳はひらかれ、 そのいろこは凍り、 しきりに靈徳の孝子を待てるにより、 きみはゆくゆく涙をながし、 そのあつき氷を蹈み、 そのあつき氷を喰み、 そのあつき氷をやぶらんとして、 いたみ切齒(はが

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日