じゅんれいきこう
巡礼紀行

冒頭文

きびしく凍りて、 指ちぎれむとすれども、 杖は絶頂(いただき)にするどく光る、 七重の氷雪、 山路ふかみ、 わがともがらは一列に、 いためる心山峽(はざま)たどる。 しだいに四方(よも)を眺むれば、 遠き地平を超え、 黒き眞冬を超えて叫びしんりつす、 ああ聖地靈感の狼ら、 かなしみ切齒(はがみ)なし、 にくしんを研ぎてもとむるものを、 息絶えんとしてかつはしる。 疾走(

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日