わさんるいさん
和讃類纂

冒頭文

一詠 ゆきはふる まなつまひるのやまみちに 光るこなゆき さんらんたりや わが道心のたなごころ うすら侘しきたなごころ 二詠 ひじりのみあし つめたきみあし おんかたへやるせなく かけまつるさうぞくの しののめのこゆむらさき いろのあさがほ 三詠 なみぢのうへを とほくよりあゆませたまふ わが主いえすよ ふなべりになみだをながし いちねん祈

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日