じゅんぎんのさい
純銀の賽

冒頭文

みよわが賽(さい)は空にあり、 空は透青、 白鳥はこてえぢのまどべに泳ぎ、 卓は一列、 同志の瞳は愛にもゆ。 みよわが賽は空にあり、 賽は純銀、 はあとの「A」は指にはじかれ、 緑卓のうへ、 同志の瞳は愛にもゆ。 みよわが光は空にあり、 空は白金、 ふきあげのみづちりこぼれて、 わが賽は魚となり、 卓上の手はみどりをくむ。 ああいまも想をこらすわれのうへ、 またえれ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日