けっとう
決闘

冒頭文

空(そら)と地(つち)とに緑はうまる、 緑をふみてわが行くところ、 靴は光る魚ともなり、 よろこび樹蔭におよぎ、 手に輕き薄刃(やいば)はさげられたり。 ああ、するどき薄刃(やいば)をさげ、 左手をもつて敵手(かたき)に揖す、 はや東雲(しののめ)あくる楢の林に、 小鳥うたうたひ、 きよらにわれの血はながれ、 ましろき朝餉をうみなむとす。 みよ我がてぶくろのうへにしも、 愛

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日