はたけ

冒頭文

しよんぼり立つた麥畑、 われのせつなさやるせなき、 みぎむきや穗が光る、 ひだりむきや穗が光る、 しんじつわが身をどうせうぞ。 ——滯郷哀語篇——

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日