へんきょう
偏狂

冒頭文

あさましき性のおとろへ、 あなうらに薫風ながれ、 額に緑金の蛇住めり、 ああ我のみのものまにや、 夏ふかみ山路をこゆる。 かなしきものまにや、 のぞみうしなひ、 いつさいより靈智うしなひ。 さびしや空はひねもす白金、 はやわが手かたく合掌し、 瞳(め)はめしひ、 腦ずゐは山路をくだる。 ああ金性の肉のおとろへ、 みやま瀧ながれ、 青らみいよいよおとろふ、 いのれば銀の

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日