りっしゅう ――おおぬまたけじろうしニささグルし――
立秋 ――大沼竹太郎氏ニ捧グル詩――

冒頭文

遠く行く君が手に、 胡弓の箱はおもからむ。 きのふ山より摘みてかへれば、 紫苑はなしぼみて、 すでに秋の愁ひをさそふ。 友よ、 やさしく胡弓を摩り、 遠くよりしも光を送れ。 ああ、わが故郷にあるの日、 終日(ひねもす)怒りうゑを感じ、 手を高く蒼天のうへに伸ぶ。 —一九一四、八、十四—

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日