じゅなんび
受難日

冒頭文

受難の日はいたる 主は遠き水上(みなかみ)にありて 氷のうへよりあまた光る十字すべらせ 女はみな街路に裸形となり その素肌は黄金の林立する柱と化せり。 見よやわが十指は晶結し 背にくりいむは瀧とながるるごとし しきりに掌をもつて金屬の女を研ぎ 胴體をもつてちひさなる十字を追へば 樹木はいつさいに∱E轉し 都は左にはげしく傾倒す。 ああ十字疾行する街路のうへ そのするどさに日

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日