しょかのきとう
初夏の祈祷

冒頭文

主よ、 いんよくの聖なる神よ。 われはつちを掘り、 つちをもりて、 日毎におんみの家畜を建設す、 いま初夏きたり、 主のみ足は金屬のごとく、 薫風のいただきにありて輝やき、 われの家畜は新緑の蔭に眠りて、 ふしぎなる白日の夢を畫けり、 ああしばし、 ねがはくはこの湖しろきほとりに、 わがにくしんをしてみだらなる遊戲をなさしめよ。 いま初夏きたる、 野に山に、 榮光榮光

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日