うきな
浮名

冒頭文

浮名(うきな)をいとはば舟(ふね)にのれ、 舟はながれゆく、 いま櫓櫂(ろかい)の音(おと)を絶え、 風も雨も晴れしあけぼのに、 よしあしぐさのみだるる渚をすぎ、 舟はすいすいと流れゆくなり。 ああ舟にのりて行かば、 くるほしきなみの亂れもここちよく、 ちのみごの夜びえする、 あやしきこゑもきかであるべきに、 ふるとせひとにかくれて、 わがはぐくみしいろぐさのはや涸れぬとぞ、

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日