しょうきょくしゅう 〔ほおづきよ〕
小曲集 〔ほほづきよ〕

冒頭文

× ほほづきよ ひとつ思ひに泣けよかし 女のくちにふくまれて 男ごころのさびしさを さも忍び音に泣けよかし   × ほんのふとした一言から 人が憎うてならぬぞえ ほんのその日の出來ごころ つい張りつめた男氣(をとこぎ)が しんぞ可愛ゆてならぬぞえ

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日